越谷暗渠探訪

越谷市内の暗渠を求めて彷徨い歩く

枝分かれ3本~神明町 その1

ベルヴィギャザホールの南側の405号線の脇から始まる暗渠。

道路の向こうに見えるフェンスがスタート。
画像の左方向は元荒川、右へ向かうと4号線にぶつかる。


ここは鍵がなく、出入り自由?


ここから踵を返して南東へ向かう。

やがて一つ目の枝分かれ暗渠。
南西に向かう。

公園の脇を通り

道路へ出ると行き止まり。

元へ戻る。


くるみ幼稚園近くで二本目の枝分かれ。
再び南西へ向かう。

右角の人家の敷地が広く、
建物は最近ほとんど見られなくなった曲り屋風。

Googleマップで見ると、こんなに広い!

道路へ出ると、その向こうは開渠。

元へ戻りくるみ幼稚園の脇を南東に向かう。

くるみ幼稚園を通過し、道路を渡ると
暗渠が北東(左)と南西(右)に枝分かれ。

まず南西(右)に向かう。

ゆるく左へカーブ。

曲がりきるとストレート。
その先は右へカーブ。

さらに、その先は左へ折れている。
しだいにワクワク感がこみ上げてくる!

また右へカーブしている。

曲がりきると
突然、暗渠は途切れた。
あっけない幕切れで元へもどる。

元へ戻り南東に向かう。

道路を渡るとこんな感じ。

株式会社忠保(ただやす)の脇で今回の暗渠は終了。
余談だが忠保という企業は甲冑を製造している
地場産業として貴重な会社のようだ。