越谷暗渠探訪

越谷市内の暗渠を求めて彷徨い歩く

見つけたからには~越谷地区 その3

アマゾンへの返品のために郵便局へ出向く。
暑いさなかに!
そそくさと帰ろうとした矢先、
見てしまった!暗渠を。
目に入ったら、これはもう探訪するしかない。
出発点は市役所の西側道路に少し西。
駅前の平和橋に通じる通りの北側。
これを北西に向かう。

毎度のことながら
この先、どのような光景が繰り広げられるか
ワクワクだ!
ここは表通りより低い。

早速、小さな社が登場。

暗渠の蓋の側面。
これは遠近法ではない。
画像の右手が持ち上がっていて
蓋が画像の左に向かって傾いているのだ。

西に向かう細い排水溝とクロス。

この暗渠は途中まで車が入るらしい。
結構、珍しい!

さらの食堂が!
これも珍しい!まさにニッチでディープ!

道を跨いでさらに続く。

数メートルでまた道路とぶつかる。

見上げると藤棚だった。
これも珍しい!

矢板を利用した側壁。
これも珍しい。

この辺りが最も深く
当然ながら日陰で風の通りになっていて涼しい。

まだ続く。
乗り掛かった船で最後まで見届けるしかない。

右手は廃屋。

市役所脇の通りからみた廃屋。

またまた社。

ここは雰囲気から吉野電化工業の裏手。右側の広場が駐輪場。
プラスチックパレットを橋渡しに利用している。

ついに行き止まり。
もしかすると
意識なく自然と敷地内に進入してしまったかもしれない。

表の塀の隙間から撮影。
開渠になっている。

表の塀とは吉野電化工業の画像の丸印の部分。

帰宅途中は暑く頭が朦朧状態。
しかし偶然とはいえ成果ありだ!