越谷暗渠探訪

越谷市内の暗渠を求めて彷徨い歩く

道路より低い暗渠~相模町地区 その1

相模町地区は開渠を一番最初に取り上げたが、暗渠ははじめて。
出発点は八条用水と52号線がクロスする地点から、
ほんの少し西にいったところ。

東へちょっといくと「八条用水」
もしかすると繋がぅているかと
確認してみたが、取水口などの痕跡もなかった。

まずは開渠でスタート。
この一帯は52号線を境に南側の相模町は土地が低く
北側の流通団地の方が高い。

少し西へ進むと、直ぐに北(相模町方向)に走る開渠へ分岐。

相模町の住宅街へ走っている。
(つまり「八条用水」方向)

行方を追って住宅街へ。

「八条用水」までは伸びておらず、
住宅街で途切れる。
「八条用水」には、やはり取水口も排出口もない。

元に戻り西へ。
この一帯は52号線と高さは同じ。

「ロイヤルホームセンター越谷店」付近から暗渠となる。


1Fが「トランクルーム」、2Fが「藤原歯科医院」の建物と
「ラーメン処喜らく」の入っている建物の間に
相模町に向かう2本目の分岐した開渠。
この行方は後日ということにする。

「ラーメン処喜らく」の入っているビル前の暗渠も

かなり低いので橋を渡してある。
この橋渡しのパターンは通常、開渠に見られるが
暗渠には珍しい。

ここは「ロイヤルホームセンター越谷店」の脇。
道路沿いの暗渠の多くは歩道、
いわゆる生活道路の役割を担っているものだ。
しかし今回の暗渠は、全く生活道路としての
利用を断固拒否している状況!

唯一、ガソリンスタンドの箇所だけが歩道と一体化。

一か所だけ、何とか暗渠に入り込むことが出来た。
歩道より80cmほど低い。

「葛西用水」に近づくにつれ細くなり
単なる排水溝化!

そして「小林悦也税理士事務所」の敷地と
あたかも一体化したかのように見える。

ここが終点。