越谷暗渠探訪

越谷市内の暗渠を求めて彷徨い歩く

白壁風?塀沿い~宮本町地区 その2

Googleマップの上空写真で見つけた暗渠を探訪。
元荒川沿いにある「迎摂院」(コウショウイン)の裏手が出発点。

正確にいうと、このゴミ集積所が出発点。
出発点、終点がゴミ集積所になっている例は多い。

直ぐに曲がって塀沿いに歩く。

お寺の塀沿いに東へ。

この空壁風の塀は、良く見ると積み上げた
ブロックに白塗装仕上げの白壁風!
6月18日、大阪府北部を震源とするM5.9の地震で
女子小学生が自分の通学している学校の3m以上もある
ブロック塀倒壊で亡くなったことが思い出される。
この塀は2mちょっとくらいだが、
傍を歩いていると気色が悪い。
お寺には申し訳ないが、こういうブロック塀は止めた方が良い!

お寺の敷地の先の道路にぶつかり終点。
その向こうは未舗装の道路。

道路を渡ると左手に中々、趣きのある風景が広がる。
これは材木置き場が放置状態で、
しかし年月を経て、まるでオブジェ!

朽ちた木!

画像では分かりにくいが、鬱蒼とした木々の奥に
これまた趣きのある空き家!

一方、道路の地面に目を向けると塩ビパイプ。
どうやら表の道路脇のグレーチングと繋がっているようだが、
役割不明!

さらにグレーチングがあり、その下にはかなり大きい口径の開口部。
覗くとキラキラと輝いているので、結構な良の水!
ここも暗渠なのだ!

さらに東へ進むとマンホールの蓋。
そして道路へ。

元来た道に戻り元荒川に視線を向けると
なんと水門が見えるではないか!

車が頻繁に通る52号線を、意を決して
上下、車が途切れたタイミングで横断!

ここが取水口。
多分、元荒川(52号線)とクロスするお寺に向かう
道路も暗渠なのだろう。
そして先ほどの暗渠にも繋がっているはずだ。

最後にお寺を見学。

なかなか立派!


境内にディズニー風のベンチ。
子供むけか?