越谷暗渠探訪

越谷市内の暗渠を求めて彷徨い歩く

そもそも暗渠って?~越谷地区 その1

マニアックな本「はじめてのあんきょ散歩」(ちくま文庫)

によると
「一般的には「蓋をされた河川」や
「地中に埋設された水路」」を指すとし
「ここではもっと広い意味で、
かつて川や用水路が流れていた
空間・場所・道で、かつ今でもその流路が
地図上や現地で確認できるもの」
としている。


と簡単に暗渠なるもの概念確認をし、
二歩目の開始。
今回は、「埼玉りそな銀行越谷支店」前の
交差点からスタート。
Googleマップで場所確認。


この暗渠は歩道としての役目を果たしているので
「車止め」はない。



この先の「サンキ」付近は影の関係で
うまく撮影できなかったので
Googleマップの画像を拝借。


「サンキ」を過ぎると角に無名?の小さな神社。


寂れた(テナントさんには失礼!)の前を通過。
そうだ!随分昔に、この2階のスナックで飲んだことがある!


「栃木銀行越谷支店」前で、一旦途切れる。
この暗渠は、歩道として認知され、
公道の一部と化している。



旧日光街道へ出る小道を渡ると、再び暗渠。
右手には地蔵さま。
きっと日光街道を使った往来の無事を
願ったのだろう、と勝手に想像。
3m程の暗渠で東西に延びる暗渠と合流。



東側から見た画像。
この暗渠については、後日探索しよう。



左に折れると狭い人家の間を暗渠が
旧日光街道へ向かっている。


10mほど歩くと旧日光街道へ。
そして普通の排水溝と合流。


ところで、二回目の探訪ではや、
大きな疑問が。


    「暗渠と排水溝の違いは?」