越谷暗渠探訪

越谷市内の暗渠を求めて彷徨い歩く

束の間の暗渠~蒲生地区 その13

蒲生にある清蔵院南西に位置し、
蒲生水道設備工業(株)脇の暗渠を探訪。

久々の暗渠。ここから北東に向かっているようだが、
建物切れ目辺りから左手に曲がっていて
その先の様子が分からないが、
このことがワクワク感を増す。
だが、
期待に反して直ぐ開渠となる。

開渠の脇の道を進むと
来た開渠は右に鋭角に曲がり南東に向かっている。
さらに向かいには道路を隔て分岐状態の開渠が続く。

まずは分岐した開渠を追いかける。

右へ曲がり切って少し直線に進むと、そこが終点。

元の箇所に戻り、鋭角に折れた開渠を追跡。
鋭角に折れた、というより
ここから分岐した開渠なのだろう。

道路にぶつかり、
その道路を跨いで
(下の画像の左端方向)
今度は暗渠となる。

この先、まだ続くので一旦、
Googleマップで通ってきた開渠を確認。
地図でいうと右下から次が始まる。


道路を渡ると、その先から暗渠。

やや広い道路にぶつかり、
暗渠は、ここで一旦途切れる。

今来た開渠は以下の通り。

向かいのクリーニング店の脇から再び始まるが、
ここから、また開渠となる。

再び暗渠。
というより私の定義でいうと
単なる排水溝。
向かいのマンションの手前で切れる。

道路を左に曲がると
蒲生愛宕町自治会館の横から開渠。


下の画像の右方向が蒲生愛宕町自治会館で
開渠は右から左へ植え込みに沿って走っている。

開渠のまま用水路沿いに建つ花梨ハイムの南裏で終わっている。
水路と開渠との関連性は不明。

クリーニング店脇から終点までの
経路は以下の通り。