越谷暗渠探訪

越谷市内の暗渠を求めて彷徨い歩く

暗渠の源流?を探る~堂端落とし?

さらに開渠が続く。
元荒川に架かる不動橋から西へ300mの位置に
水門がある。
しらこばと橋と不動橋の南側面にある2つ目の水門。

元荒川の対岸にも水門が見える。

水門の向かいは堂端落としスポット広場。

階段を利用して土手を降りていくと

いきなりゴミ収集所。

西から来る開渠とクロス。
この開渠は探訪済み。
https://muragon.com/dashboard/confirmEntryUpdate

この開渠は表面上、水門との関係性を捉えることは出来ない。
開渠を可能な限り覗いてみても、
確固たる水門との関連性を見つけ出すことも出来ない。
さらにはGoogleマップによれば
開渠は南へ延びていることになっているが、
人家に阻まれて確認出来ない。
しかし「堂端落とし」の意味が良くわからないが、
ネットの以下の記事によれば、
どうも水路と関係しているらしい。
https://www.city.koshigaya.saitama.jp/kurashi_shisei/shisei/sityo/fureaimeeting/h22fureaimeeting.files/fureai_meeting_10.pdf#search=%27%E5%A0%82%E7%AB%AF%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%27
***************************
堂端落としは大相模地区の幹線の排水路のひとつであり、
葛西用水や八条用水などに囲まれた水路である。
途中で用水が交差するなど、
高い所から低い所へと本来流れるべき方向への流れが悪く、
苦慮しているところである。
仮設ポンプを設置し水を送ったり、
途中の八条用水に排水をしたりと
できることには対応している状況である。
暗渠についての要望であるが、
排水路の整備は下流から上流に向かい整備することが
原則となっており、
堂端落としの下流部分が市街化調整区域内に位置するため、
下水事業等での整備ができず難しい状況にある。
不具合が発生した場合には、対応を考えて
いきたいと考えているのでご連絡をいただきたい。
*****************************


Googleマップを信じて
南に延びているであろう開渠が県道とぶつかっている地点を探索。
そして見つけた!

開渠は県道を跨いでさらに南jへ。

途中で大相模歴史資料館の案内看板を目にする。

折角なので見学。
中へ入ってみたが人がいない。
無断で撮影するのも気が引けるのでやめた。
詳細?は以下のサイトで。


やがて八条用水とぶつかる。
道路は馬頭橋へ通じる。

馬頭橋を渡り、岸壁を確認するが、
開渠とは繋がっていない。

開渠終点の西方向。

開渠の東方向。
様子からして、開渠は東方向に向かっているかも
しれないが推測の域を出ない。

八条用水の対岸からは、
別の開渠の始点となる。
この開渠は探訪済み。