越谷暗渠探訪

越谷市内の暗渠を求めて彷徨い歩く

開渠⑫~蒲生地区 その2

またまた開渠。
暗渠に比べて開渠はワクワク感に乏しい。
理由は二つ。
①建物の間をはしる開渠は、当たり前なのだが歩けない。
②道の脇をはしる開渠は、その多くが自己主張に乏しい。
しかし、視野に入ってしまうと探訪意欲に火がともる。


49号線の蒲生本町から東に分かれた道を南東に向かい
前回の探訪出発点である蒲生水道設備工業(株)を過ぎると
(株)神谷燃料と瀟洒的な建物に挟まれた開渠。

開渠は、ここから北東に向かっている。

当然ながら進入不可なので裏手へ回り込む。
画像の奥が出発点。
様子から見て元々は幅広い水路だったようだ。

道路を挟んでさらに北東へ。
手前の暗渠は前回探訪済み。
さらに、ここから向こうへ回り込む。

画像奥が来た方向。

周辺はGoogleマップで見ると、こんな感じ。

道路向こうも建物に阻まれている。

この辺りをさらにGoogleマップの航空写真でみるとこんな感じ。

開渠の先を阻んでいる藤波小道具という会社が気になったので
ネットで調べてみると舞台やテレビで使う小道具のメーカーであった。

そして、ここが終点。

開渠終点とクロスする道路沿いには
さらに暗渠が走っているが、
今日はここまで。光明院墓地。



束の間の暗渠~蒲生地区 その13

蒲生にある清蔵院南西に位置し、
蒲生水道設備工業(株)脇の暗渠を探訪。

久々の暗渠。ここから北東に向かっているようだが、
建物切れ目辺りから左手に曲がっていて
その先の様子が分からないが、
このことがワクワク感を増す。
だが、
期待に反して直ぐ開渠となる。

開渠の脇の道を進むと
来た開渠は右に鋭角に曲がり南東に向かっている。
さらに向かいには道路を隔て分岐状態の開渠が続く。

まずは分岐した開渠を追いかける。

右へ曲がり切って少し直線に進むと、そこが終点。

元の箇所に戻り、鋭角に折れた開渠を追跡。
鋭角に折れた、というより
ここから分岐した開渠なのだろう。

道路にぶつかり、
その道路を跨いで
(下の画像の左端方向)
今度は暗渠となる。

この先、まだ続くので一旦、
Googleマップで通ってきた開渠を確認。
地図でいうと右下から次が始まる。


道路を渡ると、その先から暗渠。

やや広い道路にぶつかり、
暗渠は、ここで一旦途切れる。

今来た開渠は以下の通り。

向かいのクリーニング店の脇から再び始まるが、
ここから、また開渠となる。

再び暗渠。
というより私の定義でいうと
単なる排水溝。
向かいのマンションの手前で切れる。

道路を左に曲がると
蒲生愛宕町自治会館の横から開渠。


下の画像の右方向が蒲生愛宕町自治会館で
開渠は右から左へ植え込みに沿って走っている。

開渠のまま用水路沿いに建つ花梨ハイムの南裏で終わっている。
水路と開渠との関連性は不明。

クリーニング店脇から終点までの
経路は以下の通り。



開渠⑪  赤山地区 その1

意識している訳ではないが、
ここのところ開渠ばかりが目に入る。
今回はヨークマート赤山越谷店の駐車場を
南東から南西に向かって横断する開渠。
駐車場を横断する開渠の例は結構ある。
画像の右手が駐車場。

ここから南西へ追いかける。
まず、西へ回り込み開渠に遭遇出来る路地を探す。
ヨークマートの南西裏手に当たる箇所に空き地を発見。
画像右手がヨークマート。

空き地からヨークマート方向を見る。

南西方向。

下のGoogleマップの水色の線から進んでくると
赤丸付近に開渠があった。
どうやら今回追いかけている開渠(赤線)とクロスしているようだが、

画像のようにフェンスで遮断されているので、
詳細をつかむことが出来なかった。
また、Googleマップを見てもよく分からない。

その後、あてずっぽうで越谷税務署の駐車場へ入り込んでいくと、
先ほど立ち寄った空き地と隣接していた。
開渠は画像の左から右へ走っている。