越谷暗渠探訪

越谷市内の暗渠を求めて彷徨い歩く

超長っ!!~花田地区 その2

前回、下の画像の左方向の暗渠を探訪したが、
今回は赤線→(南方向)を探訪。
ここには南西方向(黒→)もあり。

この暗渠は道路沿いの歩道化している。

進行方向の左側(東)の家並みは新しい。

モダンな家が多い。

途中で東方向に延びる暗渠と

西へ延びる暗渠とにクロス。

新しい家並みが続く。

それにしてもこの暗渠、長い!

まだまだ続く。

この辺りは東越谷か?

さすがに、これだけ長いと
嫌気がさしてくる。

しかし、東越谷小学校が見えてくると、
景色も少し変わり、アクセントとなる。
タイル貼りの部分と

アスファルトの部分がある。

アスファルト部分は、よくみると
亀裂が入っている。
亀裂の間隔は一定で暗渠の蓋の上を
アスファルトで覆ったことが分かる。

小学校を過ぎたところで
こんな店を発見1
食品サンプルの製造会社。

記念に何か買おうかなと思ったが、
中々の値段。

やっと終点を確認。

家に戻り、距離を確認してみると
何と1.2kmもあった!
今まで最も長い暗渠かもしれない。



行末は水門だった!~花田地区 その1

115号線と19号線の交差する花田西交差点の東側から
始まる暗渠。
牛角越谷店裏手から南へ延びる、この暗渠は藤棚が出迎え。

なかなか見事!
向うにも藤棚が。

道路で一旦途切れると
人家の角で左手(東)と右手(南西)に分かれる。
取り合えず今日は、雰囲気の似ている左手(東)方向の
暗渠を追いかける。

下の画像が南西に延びている暗渠。
下の画像が、これから追いかける暗渠。

やはり、藤棚。
花が咲くころ、この暗渠に訪れると
良い感じ何だろう。

右手にマルサン越谷花田店を見ながら東へ。

暗渠は花田第二公園と合体。

今の時期は水が入っていないが、
この公園はぐるりと水路に取り囲まれている。

数は少ないが紅葉が綺麗だ。

ここが、ちょっとしたプールになるようだ。
今は人もいなく静寂状態だが、
豊富な水に多くの子供たちがはしゃぐ姿や
歓声を想像すると、なんとなく楽しい!

公園を後ろにしてさらに東へ。

ここで暗渠は終了だが、
その向こうには新方川岸に水門が見える。

下へおりてみると、
けっこうデカい開口部。

川下方向。

川上方向。
画像では分からないがキャンベルタウン野鳥の森のピラミッド状の
ネットが見える。

この暗渠は事前調査なしで探訪したが、
終点が水門であったことは大収穫!
本来はカテゴリーとしては
「暗渠の源流?を探る」だろう。
この水門の正式名称は
「花田第三桶門」らしい。
ということは、花田地区には
少なくともあと2つはある。
また宿題が増えた。


道草⑮~ピンコロ道路

暗渠探訪としては未開の地区、
花田を徘徊中、歩道に懐疑らず一面が、
ピンコロで敷き詰められた道路に遭遇。
花田小学校付近でのことである。

ピンコロ道路を進んでいくと一部にとどまらず、
かなり長い!

ピンコロ道路に導かれて北へ進む。
花田第三公園の方も、ピンコロ道路。
これはどういうことか!
ここも、あそこも・・・といった具合。
市の行政の、どういう意図があったのだろう。
市内で、このような箇所があるのだろうか?

ピンコロ道路はさらに北へ延び、
マルサン越谷花田店へ。

全てを調べたわけではないが、
丸印付近がピンコロ道路。